■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■私が自分の解離と自傷行為について思うこと。

昨日は「解離と私。」という記事を書きました。

http://bpd1976.blog27.fc2.com/blog-entry-188.html



そんな私は最近ようやく、
「交代人格メインになり、主人格が数週間留守になる」
…ということがなくなってきました。

未だにちょこちょこと主人格が留守になる時間はあるのですが、
それはおそらく、ちょっとした散歩のレベルです。

そして今は「交代人格と主人格が共存している時間」も、
結構増えてきたように感じています。



以前から私は自分のインナーチャイルドについての話を、
何度か書いているかと思います。

http://bpd1976.blog27.fc2.com/?tag=%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%A3%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%89


これは私に見えているのが「子供だから」という理由なのですが、
別な角度から見れば「子供の交代人格」という話なのです。

ただ私がこの交代人格をインナーチャイルドと呼ぶ理由もあり、
それは「見えている姿が幼少時の自分と同じだから」
…ということなのです。



でも私は専門家ではありませんので、
「自分のなかにいるのがインナーチャイルドなのか?
単なる交代人格で過去の自分とは無関係なのか?」
…というのはわかりません。

しかし自分のなかでは、
「子供の頃の自分が不機嫌な光景」
が見えますので、
「自分のインナーチャイルドなんだろうな」と思っています。



昨日も少し触れましたが、
「私の交代人格が何人いるのか?」はわかりません。

それは主人格の私が交代人格の「姿」を把握可能なのが、
インナーチャイルドだけ」という状況になっているのです。

でもなんとなくですが、
インナーチャイルド以外の人格も居るような気がする」
…と思っています。

そしてそれらの交代人格のなかには、
「ストレス過剰時に自傷行為をするために出てくる人格」
…もいます。



上記で書いた人格は、
もしかすると「インナーチャイルドと同じ」なのかもしれません。

しかし彼女(交代人格)が自傷行為をしている光景は、
主人格の私が離人症性障害になったような感じですので、
「私が自傷行為をしている自分を眺めている」
…ようなものなのです。

そして最近の私は、
自傷行為をしている自分にドライに話し掛けること」
…をするようになりました。



そんな私は18歳から睡眠関連摂食障害ですが、
実を言いますと「主人格が過食症をしているのではない」
…と気付いていました。

それは、
過食症用に買うもの」「普段の食生活で好むもの」が、
全く異なるジャンルの食べ物だったからです。

そして過食症用の買い物をしながら、
「私は何故こんなに子供っぽいものばかりを過食するの?」
…と思っていました。



私の過食症はすごく明確で、
基本的には「入眠から1時間経過後」からスタートします。

いくら強烈な睡眠薬で眠りに入れても、
「交代人格が過食しようとする衝動」には敵いません。

そして入眠から1時間ほど経過した時に、
「突然起き上がって冷蔵庫に駆け寄る」
…ということをしていました。



「…していました」と上記で書いているのは、今の私が
「ストレス過剰時しか過食症を起こさなくなったから」
…ということです。

365日・16年間にも及ぶ過食症生活は、
ようやく「止まりつつある」という状況になってきました。

でも未だにストレス過剰でオーバーフローした時は、
「過食症が止まらない夜が続く」
という生活になるのです。

そしてそれは自分のなかで、
「ストレス過剰状態の明確なサイン」になっています。



私の場合の過食症は、
睡眠関連摂食障害でしたので「自分とリンクすること」が、
なかなか出来ませんでした。

それは、
「主人格は眠っているつもりなのに、
勝手に起きだした交代人格が過食症をしていた」
…という理由でした。

そして過食症の時間帯に食べているものは、
「成人している主人格がそんなに食べないもの」でしたので、
尚更「過食症=他人事」だったのかもしれません。

しかし過食症をしている身体は自分ですので、
「食べ過ぎによる胃の不調と、自己嫌悪」だけは、
ずっとずっと抱き悩み続ける日々でした。



でも最近の私の場合は、
自傷行為をしている自分」に対しても、
どういうわけか「他人事」になっていたのです。

そしてそれは、
「自分が離人状態になって、
自傷行為をしている自分の姿」を眺めているから」
…という理由でした。



私は昔からずっと、
自分の交代人格であるインナーチャイルドと、
お喋りをしていました。

http://bpd1976.blog27.fc2.com/blog-entry-16.html

そしてインナーチャイルドが出てくると、
「怖くないよ。大丈夫だよ。心配しないでね。」
…という言葉を自然にかけていたのです。

私のなかでは、
「インナーチャイルド=居ることが当たり前」でした。

ですのでカウンセリングでそれを指摘されても、
「みんなの中に存在しているものではないんですか?」
…と突拍子もない質問を先生にした気がしています。

インナーチャイルドと長年一緒にいる私は、
「みんながインナーチャイルドを抱え、
みんながインナーチャイルドと会話をしている」
…と勝手に思い込んでいたのでした。

そして「インナーチャイルドがいること」が、
私のなかでの常識だったのです。

しかし、
「みんながインナーチャイルドを見えるわけではない」と知り、
そこからいろんな意味の「追求」が始まった気もします。

それは「なぜ自分だけインナーチャイルドが見えるの?」
…という疑問から始まった追求でした。



そんな私のインナーチャイルドは、
「ストレス過剰や不安になるような事件が起きた時」
…に出てくることが多いです。

そして主人格の私が不安を抱いていない時は、
滅多に出てくることはありません。

しかし、
「主人格の私が過去最大の心の傷を負った一昨年」から、
私は頻繁に「完全なる解離状態」になり始めました。



私は多分ずっと、
「ちょっとした解離」はしていたと思います。

しかし「数週間の記憶が完全になくなるほどの解離は、
一昨年が初めてでした。

そしてその時の私は確かに震えていて、
「現実を直視できない精神状態だった」
…と思うのです。

そんな私が怯えるほどの恐怖体験をした結果として、
「主人格が恐怖で留守になり交代人格メインの生活」
…という状態が頻発するようになりました。



交代人格が主となる生活は、
私の個人情報は共有されているものの、
「子供がやりたい放題で大暴れしている」
…ようなものでした。

そして主人格の私が戻ってくる度に、
「交代人格がトラブルを起こしたこと」に対して、
自己嫌悪の気持ちを抱いていたように感じています。

しかしそれをよく考えてみれば、
「主人格が起こしたかったトラブル(願望)」
…だったのかもしれません。

「ストレス過剰になった主人格が、
本当はトラブルを起こしたいのに起こせない性格だから、
交代人格がそれに代わってトラブルを起こしてくれた。」
…ようにも思えるのです。



そんな今の私は、
ようやく「完全なる主人格の留守状態(解離)」
…をしなくなりました。

しかし未だにストレス過剰になると、
「交代人格が出てきて自傷行為をする」
…という光景があるのです。

そして主人格である私は、
「自傷行為をする交代人格に話しかけている」
…という状態になっています。



ちなみにここで指す「自傷行為」というのは、
摂食障害・リストカット薬物乱用…このあたりものです。

これらをストレートに例えるなら、
「自分自身を破壊する行為」だと思います。

そしてそんな私は、
「自分を破壊している自分」に対して、
「そろそろ気が済んだんじゃない?どう?止めてみる?」
…と話し掛けているのです。

主人格の私が話し掛け続けた結果として、
「自傷行為を投げ出し再び立ち上がる自分」
…がいます。

そして私の場合は、
「自傷行為が止まると主人格の離人感もなくなる」
…ということが起こるのです。

最終的に私は、
「自傷行為の終了と共に分裂した人格が統合される」
…ような気もしています。



自傷行為をするために交代人格が出てくると、
「心の中で泣きながら一生懸命自分の身体を傷付ける」
…ということを始めてしまいます。

そしてそんな痛々しい交代人格を落ち着かせるのが、
「離人感を抱いている主人格の仕事」
…のようにも思えるのです。

しかし彼女が自傷行為をするために出てくるのは、
「主人格がストレスを溜め込みすぎたから」
…とも言えます。

でも私が自分の交代人格を「インナーチャイルド」と呼ぶのは、
「主人格の私が母のように見守つつり、
いつも彼女の衝動や行動を落ち着かせているから」

…という理由があるからなのです。



そんな数週間前も、
「自傷行為をしている交代人格」を、
主人格が黙って見守っていました。

そして、
「そろそろ止めたら?もう気が済んだでしょ?
怖かったんだもんね?ごめんね?」
…と話し掛け続けると、
不思議なことに自傷行為はストップするのです。

しかしそれは、
「交代人格が自傷行為をやり疲れるタイミング」…という条件が付きます。

私の場合は、
「交代人格が自傷行為に疲れるか、
自傷行為に飽きてくるタイミング」
が、
主人格のなかで把握できているのかもしれません。



私は自傷行為全般を始めて30年近くになりますので、
「自傷行為慣れしている」というのもあります。

しかしそれだけではなくて、
「自傷行為をしてい自分が、
気が済んだら行動をストップしてくれる」
…とわかっているので、
安心して自傷行為をさせているのです。

それはもしかしたら、
「自傷行為をする交代人格と自分の信頼関係」
…なのかもしれません。



「自傷行為をする自分」というのものは、
人格が統合されている方でも「嫌なもの」だと思います。

私達は自傷行為をすればするほど、
自己嫌悪・自責の念・劣等感…の塊になる気がします。

しかし「自傷行為をしている自分を責める」というのは、
「もっと自己評価を下げること」に繋がるような気がするのです。

そしてそれが、
「負のループ」になっているような気がします。



そんな自己肯定感の低い私達には、
「自傷行為をしている自分を愛する」
…ということが必要なのかもしれません。

そしてそれが、
「自傷行為をする自己肯定感の低い自分を愛する」
…ということかもしれません。

その結果として、
「ダメな自分も全て愛する」ということに繋がり、
私達の抱える様々な「生きづらさ」が、
徐々に減ってくるようにも感じています。



これは一般論の話ですが、
大暴れしている子供を抱きしめると、
子供は安心して落ち着くことも多々あります。

そんな私達も、
「自傷行為をしている自分を心で抱きしめてあげること」
…が必要なのかもしれません。



BPD(境界性人格障害)の診断基準を見ていると、
4番目には「自傷行為」
9番目には解離が出てきます。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A2%83%E7%95%8C%E6%80%A7%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%BD%E3%83%8A%E3%83%AA%E3%83%86%E3%82%A3%E9%9A%9C%E5%AE%B3#DSM.E3.81.AB.E3.82.88.E3.82.8B.E8.A8.BA.E6.96.AD.E5.9F.BA.E6.BA.96

そんな私達の診断基準に含まれている「解離」ですが、
「自分が解離しているのか?」というのは、
BPD本人でも把握出来ないことも多いです。

しかし私達がBPDである限りは、
「明確な自傷行為」をしていない場合でも、
「わかりづらい自傷行為」をしているケースが多々あります。




そして自傷行為をする心理のなかには、
「自分を大切に出来ない自分」
「ストレスがオーバーフローした時に自傷をする自分」

…というものがあるのかもしれません。

私達BPDは解離の有無に限らず、
自己肯定感の低い自分を愛し、自分を大切にする」
…ということが必要になるのかもしれません。



「自分が自分を愛せるようになったら、
自傷行為全般が止まるのかもしれない。」


私のなかでは、
上記のようなことを考えている次第です。


↓押していただけると励みになります。宜しくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 境界性人格障害へ
スポンサーサイト

■コメント

■ [リンク]

お返事ありがとうございました。

自分は先週から精神科を受診しておりましたが、さみしさからの逃げなのか、誰かに構って欲しいのか、やってしまいました。案の定、今日精神科の先生に入院進められました。

僕自身、こんな状態では、何も進められないのはわかるんですが、なかなか心は前に進みませんね。

ただ、自分を知る為に、色々心理テストをして来ました。

来週には結果を踏まえて、お話しあるみたいですが…

お願いがあるのですが、最初に投稿したコメント削除願えませんか?

パスワード入れなかったので、お願い出来ませんでしょうか?

■ [リンク]

一つ教えて頂きたいのですが、境界例(低機能)の人と境界例(高機能)が接した場合、どちらかに引きずられるように状態が悪くなったりはしないのですか?

■Re: タイトルなし [bpd1976]

リンクさん。こんばんは。
お返事遅くなりました。

精神科に行かれたということで私的には安心した次第です。あまり無理せずお大事になさってくださいね。



>僕自身、こんな状態では、何も進められないのはわかるんですが、なかなか心は前に進みませんね。

そうですね。リンクさんが彼女さんを受けとめるにせよ、相手がBPDである以上は互いにパワーを使うこともあるような気がします。ですので、もしリンクさんと彼女さんの復縁がある場合は特に、コンディションは良い方が理想的ですよね。そしてそれが「共倒れしないBPDとの付き合い方」のような気がします。


> 一つ教えて頂きたいのですが、境界例(低機能)の人と境界例(高機能)が接した場合、どちらかに引きずられるように状態が悪くなったりはしないのですか?

上記の質問に関しては書き始めると非常に長くなってしまいますので、ここでの詳しい回答は控えさせてください。ただ低機能BPD・高機能BPDに限らず「互いにBPD」という時点で、私的には「難しい関係」だと思っています。刺激や魅力などのある「燃え上がるような熱い関係になる」とは思うのですが、それは「とても繊細で危険すぎる関係」という本質があるように感じます。

今日の私のブログ記事では「人間関係」というテーマで書いています。これからも出来る限り「人間関係・共依存・男女関係」あたりを書いていきたいのですが、私がここに拘るのは「自分がいちばん苦戦しているのが人間関係だから」という理由ですね。


また当ブログに遊びに来ていただけますと幸いです。
よろしくお願いします。
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

-->

2011/5/1以降のお客さま

今来てくれてるお客さま

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

問い合わせフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

bpd1976

Author:bpd1976
児童虐待・DVなどを経て30年以上様々な精神疾患と闘い、精神系薬物の大量服用により眼瞼痙攣になりました。

現在、境界性人格障害に関しては、様々な努力により
共存出来るようになりつつあります。

しかし今でも「強烈な生きづらさ」は抱えています。

自分がここまで辿り着くまでに「行った方法」を皆さんに発信させていただけれればと考えています。

自分が苦しんだ経験を生かし、1人でも多くのひとの
お役に立てる人間になりたいです。

宜しくお願いします。

検索

タグ

負の連鎖 難読症 WEBデザイナー 離婚 飯島愛 楽天市場 赤身の魚 脱色剤 友達 ジェンダー 聴覚処理障害 アルコール使用障害 家庭内暴力 DV被害者 賛否両論 解離性昏迷 適応障害 波瀾万丈 溺れる者は藁をも掴む イマジナリーフレンド システムエンジニア 眼瞼痙攣 Dr.倫太郎 女性加害者のDV センタータン デイケア 自己カウンセリング 生と死 PMS 孤独 フラッシュバック 対人依存症 複雑性PTSD ASKA 現実逃避 男女関係 パーフェクトマスター 不自由 リア充 主体性 摂食障害 完璧主義 トラブルメーカー 時が満ちる 子離れ 解離性人格障害 児童虐待 瞬間湯沸かし器 鬼の首を取ったよう 被害妄想 誕生日が苦手 世代間連鎖 狼少年 ピエロ 医食同源 相互支援 ロングバケーション 尊重 クライアント 舌ピアス 自由な心 覚醒 美容院 過換気症候群 LGBT 心因性過換気症候群 光合成 ユディットコンプレックス 構ってちゃん セックス依存症 子は親の鏡 解離性障害 喜怒哀楽 読字障害 精神障害者手帳 麻原彰晃 ボダ 闘病ブログ HIV ハートネットTV 否認の病 自己尊重 いじめ 誕生日が嫌い 自殺企図 大量処方 精神病 耐性 恋愛依存 低機能型境界性人格障害 ジャンル 過食症 アルコール依存症 クライマックス 処方薬依存 人格障害 ベンゾジアゼピン 食べ物 拒食症 トリコチロマニア ドクハラ 抜ける 猫をかぶる 論語  投影 言語性LD 二極化 変貌 不眠症 押尾学 福祉サービス 母娘関係 母子家庭 セルフコントロール ピアスホール インターネット 合法覚醒剤 虚無感 CT 膵臓 高嶋政伸 寒証 退屈 ロンバケ 障害者手帳 MT 礒飛京三 冷蔵庫 ドクターハラスメント 統合失調症 ワーカホリック ダメンズ 重複障害 薬漬け コミュニケーション障害 虚証 感情表現 労働基準法 魔法の薬 自画自賛 睡眠薬 KAI 市販薬 八方美人 心気症 陽性症状 著名人 精神科 衝動制御障害 セルフケア 当事者 一期一会 インナーチャイルドセラピー 非嘔吐過食 山口美江 君子危うきに近寄らず 母の日 脱価値化 認知行動療法 幻聴 ネグレクト 加藤伊都子 ブレインバンク リストカット ピアス拡張 敏感 日光浴 統合 マルチジャンルの当事者 メンヘラー 耳垂裂手術 高機能型BPD OD 非行 自殺未遂 昇華 自主性 昭和の女 自助 遠野なぎこ 対人依存 かまってちゃん 母離れ娘離れ 悉無律思考 EMDR 自助グループ リストカッター 神経性大食症 新型うつ病 セルフ認知行動療法  自責の念 インターネット依存症 自己評価 そんなに好きではない 安眠 デメリット 離人症性障害 遺言執行者 母娘依存 下剤乱用 過大評価 松本俊彦 今日一日だけ 虐待 自立 パラサイトシングル 円形脱毛症 パンドラの箱 婦人科 セカンドオピニオン non-bpd 美元 抜毛癖 家庭内別居 機能的疾患 パニック 薬物依存 薬物依存症 リタリン 境界例ガールのサクセス日記。 ボディピアス SRED 中毒症 豆乳 解離 学習障害 孤独感 各種依存症 腫瘍 原家族 胃カメラ 良心 華原朋美 オーバーヒート 心の闇 薬物乱用 集中力 労働組合 見捨てられ不安 自己不全感 親離れ子離れ 雪国鬱 発狂 孤独死 ボーダー 依存症 ノンボーダー 物質依存乱用 心身症 ダメ人間 不良 睡眠障害 アダルトチルドレン 性的虐待 恋愛 離人感 結婚詐欺 サバイバー 血中酸素濃度 寛解 敬意 攻撃的 髪型 空虚感 幻覚 ストレスコントロール リタリン依存症 APD インナーチャイルド 解離性同一性障害 物質乱用 他力本願  東日本大震災 失読症 男性恐怖症 心の傷 太陽 万引き 金銭感覚 社会貢献 境界性パーソナリティ障害 障がい者 執着 生きづらい 凶悪犯 ピルの乱用 人権 強迫 高プロラクチン血症 ウイスキー エンゲル係数 ヒーロー 心理療法 昼夜逆転生活 カテゴリ 大量服用 強姦 思い遣り 人格 アームカット 籠の鳥 狼と羊飼い サイコパス 愛情不足 刺青 暴力 両親の夫婦喧嘩 自殺 卵巣出血 過呼吸 主治医依存症 言語化 障害者福祉サービス 他傷 償い 誕生日 底つき体験 友達がいない 再使用 日本精神神経学会 白黒思考 労働問題 スピリタス 対人過敏 食べ物に囚われる 抜毛症 人間関係トレーニング 解離性健忘 窃盗癖 精神療法 AC ヘレン・ケラー 自我形成 統合失調質パーソナリティ障害 鬱病 不安 過食嘔吐 鈍感 男性依存症 自傷行為の援助と理解 晩熟現象 SNS依存症 疎外感 光療法 高揚感 早朝覚醒 先端恐怖症 ナラティブセラピー 依存症のパーフェクトマスター インナーマザー 臨床心理士 黒歴史 離脱症状 オーバードーズ 睡眠関連摂食障害 自尊心 ジストニア 自傷行為 共依存 食べ物を貪る 理想化 診断基準 アルコール乱用 月経前症候群 機能不全家族 プリンス・プリンセス バタフライ・ハグ サイコ 精神障害者保健福祉手帳 人格不安定 トリップ行為 底力 他人のせい 恐怖症 高機能型境界性人格障害 中枢性聴覚処理障害 Webデザイナー 専門家 自分探しの旅 ボーダーラインカップル グループワーク 障害治療 モラル セラピスト 嗜癖 人間操作 堕胎 同一性障害 恋愛依存症 イネブラー カテゴリ分け 器質的疾患 芸術 夢中遊行 ダイアナ妃 母子分離 ノンアルコールビール 精神病質 臨床心理学 為政第二 太陽光 ストレス 行動化 アッパー系 生涯治療 瞬間湯沸器 家族依存症 ダウナー系 SEX 淫乱 副腎 性依存 バナナ 社会的寛解 プラトニック セロトニン バタフライハグ 共感 アル中 性依存症 ドメスティック・バイオレンス ボーダーライン 他傷行為 脳に良い食品 解離性遁走 BPD 精神不安定 人間関係 非定型うつ BPDの治し方 ドライブスルー まあいいか 孔子 境界例感 生きづらさ SE 高照度光療法 カウンセリング こびと幻覚 男性被害者のDV 一卵性母娘 無理難題 交代現象 研究者 依存 アダルトサバイバー PET 自我 SEX依存症 ダメ男依存症 メリット 棚卸し 共存 入眠障害 対人過敏症 ダルク 反社会性人格障害 ドクターショッピング 境界性人格障害 猫を被る 寝逃げ 栄養ドリンク 買い物依存症 カウンセリングルーム ギャンブル依存症 ピアッシング ファーストフード 新型うつ 仕事中毒 対人恐怖症 低用量ピル グレーゾーン 陰性症状 ターバン スキゾイドパーソナリティ障害 メンヘラ BPDの恋愛 距離感 ストレスバロメーター 先天赤緑色覚異常 知的障害者 物質依存 投影同一視 偏見 境界に生きた心子 自分らしさ カミングアウト 母娘分離 AIDS ADHC 中期型 大阪通り魔 ピアシング ハネムーン期 ナルコプレシー 誕生日が怖い 最後の砦 奉仕活動 部屋の乱れは心の乱れ 男性を被害者とするDV 腸美人は超美人 身体不調 断腸の思い 人の不幸は蜜の味 機能不全家庭 身体改造 レイプ 希死念慮 ディスレクシア 自殺率 親離れ ビューティーM DMS-5 パーソナリティ障害 識字障害 アイスピック 精神不調 ブログ 過干渉 逆転移 パニック障害 目から鱗が落ちる ジプレキサ 精神障害者 ヤク中 独自性 ホスピタリティ 行為障害 交代人格 ベンゾジアゼピン系 DID 局所性ジストニア ダイエット依存症 SNS エイズ Wikipedia コミュ障 岡田尊司 境界例 二面性 メジャートランキライザー コンプレックス クライエント中心療法 過呼吸症候群 トラウマ DV 自己尊厳 尾崎豊 障害者自立支援法 人間不信 境界例人格障害 セルフカウンセリング アスペルガー症候群 PTSD 精神障害 自己肯定感 病理 近藤恒夫 豆製品 麻薬 宗教団体 ソフトクリーム 

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。